住宅ローン審査は

住宅ローン審査は必ずしも通るとは限りません。
各金融機関が一定の審査をして、この人には信用が足りないから融資はできないというケースも多々あります。
住宅ローンというのはキャッシングよりも大きな金額を借入することが多く、金融機関としても延滞や支払い不能といった状態になるのは極めて業績に悪影響を与えるため、そのようなリスクのある人に対しては融資を行わないのは当然のことです。

そして住宅ローン審査が通らない理由の一つとして、キャッシング履歴があります。
そもそもキャッシングというのは手元に現金がない場合に、お金を借りることを指します。
家を買う、車を買うなど特定の目的があるケースであれば納得ができる借入ですが、そうではなく通常の生活を送る中で、第三者にお金を借りる必要があったということは、その人の住宅ローンの返済能力に疑問が残ります。
仮に遅延なく完済されていても住宅ローン審査にあたっては、金融機関によって差はありますが過去3〜5年分のキャッシング等の履歴を確認しています。

問題なく完済されているのであれば、審査に通る可能性は残されていますが、頭金が不自然に少ない場合や頻度や借入金額によっては完済後もやはり審査が通らないことも考えられます。
いずれにしてもキャッシング履歴がマイナスの要素として働くことは否めません。
また、キャッシングをしていてなおかつ延滞をしていたら、審査は通らないケースが多いと言わざるを得ません。
キャッシングは後々こうした弊害も生じることを熟慮したうえで、本当にキャッシングすることが正しい判断なのかと自身に問いかける必要があります。

プロミス情報室〜店舗、金利、審査、返済、借入にさらに詳しい情報がありますよ。